News

SDL Machine Translationにスマートな新機能が追加

コンテンツインサイト、適応型言語ペア、品質評価の改善により、よりスマートな機械翻訳の提供が可能に

メイデンヘッド(英国)

25日2月2021年

RWS Holdings plcの一部であるSDLは本日、自社の機械翻訳テクノロジーに、コンテンツインサイト、適応オプションの拡充、自動品質評価など、スマートな新機能を追加したことを発表しました。これらにより、企業はよりスマートな方法で世界中の顧客と交流し、理解を深めていくことができます。

新しいスマートな機械翻訳機能の一部をご紹介します。

  • コンテンツインサイト:機械翻訳ソフトウェアが言語を自動的に識別し、ドキュメント、レポート、メール、ソーシャルメディアへの投稿から意味を抽出できるようになりました。これにより、言語を問わず自動的に生成される対話型サマリーにアクセスし、コンテンツに関してより優れた意思決定を行えるようになります。
  • 適応オプションの拡充:適応可能な言語ペア(以前は、オンプレミスユーザーのみ利用可能)が、クラウドを介して利用できるようになりました。使いやすくセキュアなトレーニング環境が組み込まれており、ユーザーは独自のデータを使用して汎用言語モデルを調整することができます。これにより、個別のユースケースやコンテンツプロファイルにも簡単に対応できるようになります。
  • 品質評価:業界のベストプラクティスをベースにして機械翻訳の品質の透明性を高めることで、意思決定者は高水準の情報に基づいてより的確な評価を行うことができます。


RWSのChief Technology OfficerであるAzad Ootamは次のように説明しています。「当社の最新機能は、機械翻訳に関連する25年以上に及ぶさまざまな技術革新がベースとなっています。自動翻訳とコンテンツインサイトを組み合わせることで、翻訳だけでなく、多言語コンテンツの理解にも役立つ独自の方法を確立することができました」

SDL Machine Translationは、2,700の言語ペアでコンテンツを自動翻訳するエンタープライズレベルのソリューションです。世界をリードするブランドにも採用され、数百万人もの顧客との交流に役立てられています。 

ハイブリッド自然言語理解テクノロジーのリーダーであるexpert.ai(旧Expert Systems)のEMEA地域Channel Development部門VP、Maurizio Mencarini氏は次のように述べています。「多言語AIは、多くの組織において最重要課題です。当社はSDLと協力して、ネイティブの多言語機能を拡張し、言語の壁をさらに取り払いました。SDLを選んだのは、技術革新に対する情熱を共有しているからです。このような新機能を共同ソリューションに統合できることを嬉しく思っています」

SDL Linguistic AI™をベースにしたこのソリューションは、ビジネスインテリジェンスアプリケーション、社内コミュニケーションのワークフロー、eDiscoveryなどの既存のビジネスアプリケーションに組み込むことができます。ユーザーは、Microsoft Officeやウェブブラウザから直接、このソフトウェアを利用できます。さまざまな種類のドキュメントに最初から対応しており、光学式文字認識(OCR)機能と自動音声認識(ASR)機能をデフォルトで搭載しています。

これらの新機能について詳しくは、こちらをクリックしてご確認ください。
 
expert.aiとSDLが新しい機会を創出するために行っている共同の取り組みについては、LT-innovateが主催するセッション「Reshaping Remote Work and Meetings with Linguistic AI(リモートワークの再形成と言語処理AIについて)」でご紹介します。ぜひご登録ください
お問い合わせ

RWSについて

RWS Holdings plcは、テクノロジーを駆使した翻訳サービス、コンテンツ管理サービス、知的財産サービスを提供するリーディングプロバイダです。RWSは、ビジネスに不可欠なコンテンツを大規模に配信し、イノベーションの保護と実現を可能にすることで、お客様が世界中の人々とつながり、新たなアイデアを提供することを支援します。 


私たちのビジョンは、グローバルインテリジェンス、深い専門知識、スマートなテクノロジーを通じて、言語、コンテンツ、市場参入における課題を解決することにより、世界中の人々と組織をつなぐ橋渡しをすることです。 


当社の顧客には、グローバルブランド上位100社のうちの90社、製薬会社上位10社、世界中の大手特許事務所20社のうち18社が含まれています。また、クライアントベースは、ヨーロッパ、アジア太平洋、北南米に広がり、テクノロジー、製薬、医療、法律、化学、自動車、行政機関、電気通信の各分野を網羅しており、5つの大陸に複数のオフィスを構えています。 


1958年に設立されたRWSは、英国に本社を置き、AIM、ロンドン証券取引所規制市場に上場されています(RWS.L)。 


詳細については、www.rws.com/jpをご覧ください。